FC2ブログ

キャニスタ GPZ900R 

GPZ900RのUS仕向けにはキャニスタが付いてるものがあります。
(というか殆ど付いてる?)
キャニスタの付いてるタイプは特徴として、
・エンジンTOPカバーに排気をエアークリーナに持っていくポンプ?が付いている。
Dscn5220s.jpg

エンジンTOPカバーに2つ排気を逃がす所あり。それを1本にまとめエアークリーナまで太いホースで繋いである。

Dscn5212s.jpg

リアのカウル内にキャニスタがある。
キャニスタは、気化したガソリンをフィルタする役割を持っている(らしい)

Dscn5211s.jpg

キャニスタまでホースが3本繋がっている。
1本はリターンポンプ。
1本はエアフィルター、もう1本はバルブといわれるリアブレーキのリザーブ横に繋がっている(はず)

Dscn5215s.jpg

キャニスタ装着車のホース類。

Dscn5236s.jpg

エアフィルタの上部にエンジンからのホースが繋がる穴がある。
他の仕向けでは見られない。

ノーマルで乗ってる分には特に問題ないんだが、FCRにして更にノーマルエアクリーナを外すとなるとこれらも外さないとダメん。
キャニスタとホース類はただ外せばいい。
バルブもいらないので外す。
とりあえずイラナイので外せばいい。
問題は、エンジンのTOPカバー。
これは出来ればヨーロッパとか国内のに交換。
交換するのにカバーのガスケットとプラグ部のガスケットと液ガスが必要になるけど・・・。

スポンサーサイト



category: GPZ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forjunk.blog60.fc2.com/tb.php/94-6c294ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

物欲リスト

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク