FC2ブログ

カウル補修 GPZ900R 

前々から折れてたNinjaのカウルの補修をする。

サイドカウルの裏。
カウルを固定するポッチが折れてる。しかも左右とも。
どうやらここはNinjaの泣き所の1つっぽい。
D1000025s.jpg


ポッキリ折れてます。
製造されてからかなりたってるし、ショウガナイ。
D1000026.jpg


今回補修に使ったのはプラリペア。
DAYTONAから発売されてます。
色が白と黒あるらしく、まぜて灰色としても使えると説明書にはあります。
今回買ったのは白。黒いカウルなら黒を買うと目立たなくていいかも。
D10000290s.jpg


プラリペアの説明書には2つの方法(使用法)が書かれています。
1つはニードル法、もう1つはふりかけ法。
ニードル法は、粉末に溶剤を垂らし、固まった玉を必要な部位にもっていって使う方法。
ふりかけ法は名前の通り、粉末を使用したい部位に先に振りかけておき、そこに溶剤を垂らす方法。
今回はニードル法でやりました。
部位に玉を持っていき最後にくっ付ける部品をセロハンテープで固定。5分程で固まります。
2007101401.jpg

固まった後は、結構な強度になります。
くっつけた部分を持って持ち上げても大丈夫なくらい。
(また取れても責任はもてませんが・・・)

他に泣き所となるネジ止め部の横。
ここにヒビが入りやすいです。
右側だけヒビが入っていたので裏から補修
2007101402.jpg


特徴に「プラスチック部品を作れる」と書かれているだけあって固まると本当にプラスチック。瞬間接着剤とは明らかに強度は違います!

追記:
この後、Ninjaに取り付けしたら片方ずれて固まってて、
カウルに5mm程隙間ができてしまいました。
ので、再度くっつけるべく接着部を取ろうと思ったのですが・・・。
すごい強力で、結局ベンチでぐにってやって取れました。
ちゃんとやるとその位の強度がでます。
スポンサーサイト



category: GPZ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forjunk.blog60.fc2.com/tb.php/85-105b82e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

物欲リスト

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク