FC2ブログ

2007/12/31 盗難車 Ninja GPZ900R 東京都 未発見 

2007年12月31日 東京都世田谷区でGPZ900Rの盗難事件がありました。
お心当たりの方は、警察又はこちらまで情報をお寄せください。

写真を開く
車種:GPZ900R(Ninja) A8 イギリス仕様
ナンバー:品川 ぬ 8412      フレームNo:ZX900A-060708
走行距離:約44000km        車検:21年9月
特徴:カラーリングは、赤黒ベースですがタンク下部が赤で赤黒の間に金のラインがあります。(テープの為剥がされる可能性あり)
      リアホイールがZZR400(17インチの160)
      ノーマルステップにツキギのマフラー
     
詳しくは、mogeさんのブログをご覧頂きたいと思います。

※しばらく記事を最上位にする為、日付が2008/12/31になっております。
最新の記事はこの記事以降をご覧ください。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



category: GPZ

TB: 0    CM: 1   

FOXCONN NF4UK8AA-8EKRS 

家のメインPCにてMSIのK8N Diamondを使っていました。
K8N DiamondはMSI当時のAMD用としては結構いい装備でしたが、使用1年目でIDEが認識しなくなるトラブル発生。
保障期間だったのでメーカーに修理に出すも台湾まで行っているらしく戻ってくるまでに3ヶ月かかる。
遅すぎ・・・。
戻ってきたマザーを使用するも、動作が改善しているけど安定がイマイチ。
交換から1年で今度はBIOSが起動しなくなるトラブル発生。
ずっと使い続けていると次回電源起動が出来なくなる。コンデンサかと思ってみたけど破裂はしていない。
修理に出そうかと思ったけど、前回の事もあるし保障期間2年が過ぎていたので安い新品を物色。

FOXCONNのNF4UK8AA-8EKRSが安く、大体の機能を満たしていたので決定。
ASUSのA8Vと比べ迷いましたが、ASUSには昔痛い目を見ているので止めた。

NF4UK8AA-8EKRSをネット通販で購入、早速乗せ替えるも起動せず。
CPUがおかしいのか?と疑って使用しているAthlon64x2 3800+の代わりとしてAthlon64x2 4200+を購入。
しかし、症状は同じ・・・。
初期不良と見て購入店に持ち込み新品と交換してもらう。
交換してもらったものを再度動作確認するも、同様の症状・・・。
今度は電話でサポートに聞き、再度交換してもらうことに。
3度目の正直、今回のは問題なく動作。

初期不良でどうなの?!と思っていたけど使ってみると中々悪くない。
コストパフォーマンスという点ではMSIより全然良い。
マザーにビデオ機能がないのでEPCIのビデオカード無いと駄目ですが、もってるので問題なし。
SATAのRAIDにも対応しているようですが、使用しないので。
購入前に気になっていたx2に対応しているか?!という点。
BIOSが最新なら対応済と思っていましたが、購入時点でBIOSは最新になっているので対応ということで。BIOS未対応でも起動はするみたいですが。
注意として、マザーボード下部にエクステンション電源を指す部分があります。ここに追加で電源コードを挿さないと使えません。電源コードはPATAのHDDと同じタイプです。

■良い点
コストパフォーマンス。まぁ廃れた939だからなぁ。。。
あと、起動時のBIOS画面のロゴ表示を自分の好きなBMPに書き換えられる点。
容量の問題でなんでもって訳にはいかないけど、自分のお気に入りの画像に出来るのは良いですね。
過剰にアプリが付いてない点もいいです。色々付いてくるのが好きな人にはお勧めしません。

■気になる点
気になる点はK8N Diamondと比べてSATAの転送速度が遅いです。
K8N Diamondを300としてNF4UK8AA-8EKRSは200、PATAはどちらも100です。
BIOSのアップデートが止まってる。もう改善する気はないのでしょう。
マニュアル等一切が英語(日本語なし)です。まぁ、これはあまり問題ではないけど。

値段からするとかなり良い買い物だと思う。
939はもう絶滅寸前ですが、セカンドマシーン、リプレイス用等では良いマザーではないかと。

category: コンピュータ

TB: 0    CM: 0   

FOXCONN NF4UK8AA-8EKRS WINDOWS XP 休止から復帰できない 

マザーボード故障の為、FOXCONNのNF4UK8AA-8EKRSにしましたが、
どうやらWINDOWS-XPの休止状態から復帰ができず、途中で止まってしまう。

同様の問題と解決方法が下記で発見できました。
http://bbs.kakaku.com/bbs/05406011680/SortID=5907374/

上記を参考に、IDEドライバをMSのデフォにロールバックしてみました。
で、問題解決。

category: コンピュータ

TB: 0    CM: 0   

WINAMP5.5 WINAMP5.51 日本語化パッチ 

メインで使用しているマシーンのマザーボードが壊れたので交換。
それに伴って、いままでCドライブをPATAだったのでSATAのディスクに交換。
WINDOWS-XPのインストールしなおしから。
年に1、2回はXPインストールしてる気がする(汗

OSインストールしなおして、ソフトを入れようと思うとどうしてもネットからとなって
最新版を落としてくるんだけど、WINAMPの最新が5.51になってた。
日本語化パッチがまだ5.5までだったのでどうしたものかと思ったけど、

WINAMPの5.5が以下のURLで入手出来た。
http://download.nullsoft.com/winamp/client/winamp55_full_emusic-7plus_en-us.exe

まぁ、セキュリティー対策とかでリージョン上がってる可能性あるので自己責任で…。

パッチはいつもWin32工作小屋さんのを使わせてもらってます。
※既に5.51の日本語化パッチが上がってます。

category: コンピュータ

TB: 0    CM: 0   

オイル交換 GPZ900R 

エンジンカバーの修理から上がってきたので早速オイル交換。
ボルト緩めたままバイク屋さんに修理だしたら締めないで返されたらしく、
バイク屋からの帰りに走ってる時にフロントスティのボルトが飛んだ!

ここのボルトは前もなくして違うバイク屋さんに丁度いいやつをもらったのに・・・。
CIMG0034.jpg

ショウガナイので会社の帰りにホームセンターでサイズの合うのを見つけて取り付け。
ん~!ぴったり♪
8X30のが丁度良いみたい。
次の日にフロントカウルステイの横のネジなくなってた!
錆びてたから先週新しいネジを取り寄せて変えたばっかりだったのに(涙

CIMG0035.jpg

今回は新しいカメラなので色の違いとかをみようかと全体もとってみた。
発色はあまり違いがないかな?
つーか蛍光灯の下だと補正はいるから差がわからない。

CIMG0036.jpg

この前のオイル噴出しでラジエター部分がオイルまみれに。

CIMG0037.jpg

全体的に自然な発色。
ニコンよりも赤が自然に近い。
ただレンズが悪いのか全体的に荒く見える。

CIMG0038.jpg

今回は、44039kmでエンジンオイル交換。
フィルターも交換。
前回、39830kmなので4200kmくらい。

CIMG0044.jpg

フィルター交換には4in1の集合部分を外さないとダメでした。
外すのはそんなに面倒ではないです。
バネを外すしたり付けたりするのがちょっと大変だけど、やり方が分かればスグ出来ます。
俺の場合は、針金(アクセルワイヤーみたいな丈夫なのがいい)で引っ掛けてとります。
取り付けも同様。スプリングプーラーとかもあるようですが、とりあえずこれでOK。

CIMG0041.jpg

エンジンオイル抜き。
エンジンオイル入れてから窓をみたら曇ってた・・・。
いつもは窓で量をみながら入れるんですが、今回は見えなくて。。。
一応フィルター交換の4Lを入れておいたけど、かなり入れすぎな気がしないでもない。

category: GPZ

TB: 0    CM: 0   

ヘッドカバー交換2 

先日行ったヘッドカバー交換。
次の日、会社に乗っていったらオイルが漏れてた。
あれ?帰ったらみてみよう と思って帰り運転してたら・・・。

後ろが真っ白。白煙。
下(エンジン)を見るとオイルが噴出してる!!
こりゃダメだってことでわき道を通りながら低回転で家まで戻ってきたら、、、
オイル垂れてる垂れてる、コレは酷い。
エンジン前部のガスケットが上手く嵌っていなかったらしく、そこから漏れてる様子。
で、一旦外して液ガスつけて慎重に蓋して、エンジンを止めるボルトを回したら・・・。

ボキッ!!

やってもうた。。。
エンジンカバーを止めてるボルトを折ってしまいました。
もうそこでやる気無しに。
折れたボルトはお店にお願いしてとってもらう事にしてNinjaを引き上げてもらった。
たかがヘッドカバー交換で高くついてしまったなぁと。

やっぱりエンジン部はトルク管理しないと怖い。
ネジが常に熱にさらされているので、力が強すぎると折れますね。

戻ってきたらエンジンオイル交換しないとなぁ・・・。<コレばっかり

category: GPZ

TB: 0    CM: 0   

衝動買い? 

衝動買いって程でもないけど。。。。
前から薄くて持ち運ぶのにかさばらないデジカメが欲しくて。
一応NiconのE885っていうデジカメもってて画質もとてもいいし、
でも画質がいい分レンズ部の厚みが結構あって持ち運びは凄くかさばる。

バイクにのってどこか行くときにもっていくにしてもカバンに入れないとダメ。
ポケットに入れて気軽に使えるのが欲しいと思ってました。

今年春くらいにヤマダ電機でこれを見かけてから結構欲しい度高く・・・。

今は新機種が出たので結構安くなっててチャンスと思って注文してしまった。。。



価格.comで最安値調べたけど、クレジットカードが使えて送料無料で信用できるところと思いアマゾンで購入することに。
手ブレ補正とか付いてるし、WORDとかEXCELのデータ(印刷イメージ?)Webの印刷イメージなどをビューアとして持ち運べたりするらしい。
今持ってるE885は動画撮れるけど古い機種なので音声は取れなかった。
その辺は今のカメラならどれも普通に出来るっぽい。
なんにしても薄いのがいい!

category: 物欲

TB: 0    CM: 0   

水周り整備2 GPZ900R 

水周り修理続編。

DSCN5925.jpg

まずタンクをはずします。

DSCN5926.jpg

エンジンカバー交換。


DSCN5927.jpg

エンジンカバーは6つのボルトで固定されてます。
サイドの4つは問題なく外せるのですが、真ん中の2つはフレーム、コイルの下になるので外しにくい。
スナップ式のスパナがあると便利かもしれません。

DSCN5928.jpg

アクセルワイヤーの遊びが大きすぎたので調整。

DSCN5929.jpg

エンジン上の部品も外し、ウォーターポンプを後ろにちょっとだけずらして上げないと外せないかも。
今回はパイプ付け替えの為に水抜いてるので特に水漏れとか無かったですが、水入れっぱなしでずらして水漏れないかは不明。
※後記
ウォータポンプはずらさなくても外せます。ウォータポンプのホースを止めているバンドの向きさえ問題なければ(ネジの部分が下に来てるとヘッドカバーを浮かす時に当たる)
ウォータポンプをいぢると後々水漏れの原因になりかねないので、お勧めしません!


DSCN5932.jpg

ウォーターポンプのホースを止めているバンドのネジ部をずらすと楽にカバーを外せるかも。

DSCN5933.jpg

ネジが外せたら、ガスケットにマイナスドライバーを当てて隙間を作りTOPカバーをずらします。カバーは左側にサイドカムがあるのでそこを注意しながらずらしてやると外れます。
結構ギリギリですが外れます。左側にずらす方が楽なようです。
古いカバーが外せたら、今回付けるカバーにガスケットをはめ込んでエンジンに載せます。
半円部にだけ液ガス塗っておきました。

DSCN5935.jpg

どうしても水が溜まり易い1番は錆が見えますね・・・。
時間とお金があれば中の部品も交換したい所なのですが・・・。
まぁ、来年にでも。

DSCN5936.jpg

TOPカバーを取り付け、ウォーターポンプを止めてパイプを交換後、クーラントを入れてタンクを戻します。

DSCN5937.jpg

この後、メーター、フロントカウルを付けて、エンジン始動を確認して、終了!!

時間がなくて今週もエンジンオイル交換が出来なかった。
来週こそ!

category: GPZ

TB: 0    CM: 0   

水周り整備 GPZ900R 

数週間前からラジエター右上の付け根付近からクーラントが漏れてた。
ゴムが劣化してきているのは分かっていたので注文して交換する事に。

ラジエター付近にアクセスするにはフロントカウルをまず外すのが早いデス。
Dscn5906.jpg

整備開始前にパシャリ。

Dscn5908.jpg

フロントはまずメーターを外して、インナーカウルの左を外してカプラーを外す。
フロントカウル前のラジエター部分のナットを外し、フレームのナットを外し、センター支持のナットを外せばOK。
10分位。

Dscn5911.jpg

これがラジエター漏れの跡。
走ってる時にエンジンに飛び散って蒸発~ってなってこうなったっぽい。

この後、クーラントを抜いてラジエターの左からウォーターポンプへ繋がっているパイプを外す。こっちのゴムホースも交換する。

Dscn5919.jpg

パイプ外してみたらゴムホースの付いてた所は錆だらけ。。。

D1000050.jpg

錆をとって耐熱ブラックで塗装。
防錆効果もあります。

続きは明日・・・。

category: GPZ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

物欲リスト

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク